子供さんの弱視治療用眼鏡の療養費請求について

  • 2019.01.18 Friday
  • 15:50

いつもありがとうございます

 

ご存じでしょうか?

 

子供さんのメガネはきちんと眼科受診をすることによって助成を受けることができるかもしれません

 

先生が弱視と認めた場合に限られますが対象となる場合がございますので

 

まずは早めの受診をお勧めいたします(^^)/

 

 

 

弱視治療用眼鏡の療養費助成について

 

メガネ購入費用の助成

治療用のメガネ作成費用に助成金が出る場合があります。
最大38,461
円の助成を受けることができます。(健康保険7割、公費3割)

※未就学児は健康保険8割、公費2割

 

 

 

助成対象者

  • 健康保険に加入されていること
  • 9歳未満で「斜視・弱視等」の治療に必要と医師が判断し、処方した眼鏡であること
  • 5歳未満 前回の適応から1年以上経過していること
  • 5歳以上 前回の適応から2年以上経過していること

申請方法

ご加入の健康保険へお問い合わせいただき(連絡先は保険証に記載されています)必要書類を揃えて申請してください。

健康保険より支給された後、公費(乳幼児医療等)からの支給分をお住まいの市町村にお問合せ・申請してください。

(1)健康保険(社会保険・国民健康保険など)

<必要書類>

1.弱視等治療用眼鏡等作成指示書(眼科で眼鏡を作るときにもらう処方せん)

2.眼鏡の領収書

3.医療費支給申請書(ご加入の健康保険組合等にお尋ねください)

4.健康保険証

5.銀行通帳(助成金受取用の口座番号)

6.印鑑

※「弱視等治療用眼鏡等作成指示書」と「眼鏡の領収書」のコピーが必要です。(公費申請の際必要となります)

(2)公費(乳幼児医療など) 

健康保険から給付を受け、公費(乳幼児医療など)、外来助成を受けられている方が対象となります。
子供はぐくみ医療費の助成の申請をしてください。詳しくはお住いの市町村役場へお尋ねください。

<必要書類>

1.支払決定通知書(健康保険分支給後、自宅送付されます)

2.弱視等治療用眼鏡等作成指示書コピー(眼科で眼鏡を作るときにもらう処方せん)

3.眼鏡の領収書コピー

4.乳幼児等医療費助成申請書(市役所に確認)

5.健康保険証

6.福祉医療費受給者証(乳児医療等)

7.銀行通帳(助成金受取用の口座番号)

8.印鑑

 

 

 

お気軽にご相談くださいね

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM